ナノカのなのかDays

アラフォーOLのマイペースな日常

高野山 奥の院で四国八十八ヶ所巡礼の結願報告

こんにちは

ご訪問ありがとうございます

腰の曲がりが最近悪いと感じるアラフォー ナノカです( ´ー`)フゥー...

 

 

前回からの続き

高野山四国八十八ヶ所 巡礼の結願報告とパワーチャージ

 

www.nanoka.work

 

 

高野山奥の院


f:id:rokunanananoka:20190331101520j:image

奥の院参道の入り口「 一の橋
弘法大師が参詣者をここまで送り迎えしてくれるという伝承があります
杉の木に包まれた参道にはたくさんの供養塔が並んでいます

戦国武将の供養塔や汗かき地蔵、姿見の井戸、化粧地蔵などありました

御廟橋(ごびょうのはし)

こちらから先は撮影禁止です 

こちらの橋は36枚の橋板と橋全体を1枚として37枚と数え

金剛界37尊を表していると言われています

橋板の裏には仏を表す梵字が刻まれています

歩幅を狭く一枚一枚踏みながらそして数えながら渡りました

御廟橋(ごびょうのはし) 高野山奥の院

こちらの橋を渡り終えると燈籠堂があります

燈籠堂

お堂の入り口には塗香(ずこう) が置かれていてひとつまみを手にとって

手のひらに乗せて両手にまんべんなく塗り汚れを除きます

2万基以上の献籠が輝く厳かな雰囲気の燈籠堂から左側に進むと

弘法大師御廟があります

弘法大師 御廟

ここでは今でも空海が瞑想を続けているとも言われています

こちらに納め札を納めて結願報告をしました

さらに進んで行くと地下法場(修行をする場所)へ続く階段があります

その階段を降りた先が燈籠堂の地下室になります

地下室は弘法大師が座する御廟の地下約3mの「 霊窟(れいくつ) 」

神仏の御霊が宿る岩穴から数十メートルのところからお参りできます

弘法大師が一番近く感じられる神聖な場所でパワーを頂きました

社務所

こちらで納経軸&納経帳にご朱印をしてもらって箱書きもしていただきました

前回は高野杉の納経帳が売り切れてましたが今回はありました!!

1200年護り続けられてきた高野山の森から産出された高野霊木で作られた御朱印


f:id:rokunanananoka:20190331112049j:image

御朱印帳 1800円

高野山 奥の院 ご朱印

納経帳 ご朱印 300円

f:id:rokunanananoka:20190331114510j:image

箱書き 3000円

納経軸(写真無いですが) ご朱印 500円

めっちゃかっこいい!!

自分の名前と日付が入ります

3月23日はあまり日がよくなかったので私の担当の人と友達の担当の人が話し合って「吉日」にしましょう、と

出来上がったのを見ると友達は23日

👩「あれっ?23日になってる」

👵「えっ!今日は23日でしょ!?」

👩「今日は日が良くないから吉日にしとくって言ってましたけど」

👵「やっぱり来た日がいいの!」

いやいや自分が言ったでしょ「吉日」って!

と二人でツッコミたかったのですが、ここは高野山 奥の院

修行だと思ってグッと我慢しました

 

これであとは表装してもらうだけになりました

早く詠智会さんに持って行かねば🏃

完成したらまた披露させてください

 

オモシロ供養塔


f:id:rokunanananoka:20190331112726j:image
左上 UCC

右上 福助

下  ヤクルト

他にも色々とありましたよ~(^^)

オモシロ供養塔を見ながら歩いているとすぐ中の橋へ

 

中の橋


f:id:rokunanananoka:20190331134246j:image

こちらから入ると奥の院まで近いようです

参道も広く綺麗に整備されていていました

向かい側には駐車場・バス乗り場ありました

まだまだパワーチャージの旅、高野山編 続きます

 

↓ ↓ ↓ よければ ポチっとお願いします <(_ _)>


にほんブログ村