ナノカのなのかDays

アラフォーOLのマイペースな日常

四国八十八ヶ所 お遍路 納経軸 (掛け軸) を表装する ~ 準備編 ~


こんにちは

ご訪問ありがとうございます<(_ _)>

 

 

 納経軸 (掛け軸) を表装する

先日、納経軸を表装するため、香川県さぬき市志度にある「表装の詠智会」さんに

友達のなみへさんとお話を伺いに行って来ました

志度寺(86番) の近くにあるお店です

 

納経軸とは?

御朱印が捺された掛け軸のこと

四国八十八ヶ所などの巡礼において、寺院で御朱印をいただくための専用の掛け軸です

御朱印を頂くための納経料は500円

(納経帳は300円)

掛け軸 四国お遍路 

 

まだ高野山 奥の院へ行けていないので空白があります 

 

納経軸を表装する

納経軸をインターネット(詠智会)で購入した際に軸の裂地(きれ)のカタログが

入っていたので、それを見て赤系がいいかなぁって思っていました

詳しくお店の方にお話を聞いてみると

お大師様の僧衣か天蓋などの色彩を合わせるとバランスがいいですよ、と

なるほど!

そうすると、緑系か茶系になるのかな

床の間がある部屋が緑の土壁なのでそれに合わせてると緑系

よし、緑系にしよう!

 

裂地の種類

裂地には

綿地
人絹(じんけん)

絹糸に見立てた合成繊維

正絹 (しょうけん)

天然繊維である本物の絹糸

の3種類がありました

綿地➡人絹➡正絹の順にお値段が高くなります

お値段は 46000円~

どれも京都で織られているそうです

 

柄の種類

  • ぼたん、
  • レンゲ、
  • 法輪柄
などがありました

色々と見せて頂いていたら、やっぱり正絹が綺麗だなぁ、と。

色々と迷いましたが我が家の家宝になるもの、

ここはやっぱり良い物にしとこうと思い正絹を選びました (´ㅂ`;)

私は右側の淡いグリーンのものを

なみへさんは左側の紺色の物を選びました 

四国八十八ヶ所 お遍路 掛け軸 表装 

 

まとめ

詠智会さんの方はとても親切で楽しくお話をさせていただきました

まだ高野山奥の院には行けてはいないけれどこちらで表装したい事を伝え、

納経軸を納める箱も自分達で高野山に持って行って箱書きをしてもらいたい

(箱書きがあると更に風格が増すので)

このとを伝えると納経軸を納める箱の準備もしてくれました

 

もし納経軸の表装をお考えのようでしたら志度寺に来られた時に

立ち寄ってお話を聞いてみるのもいいと思います

お遍路用品もたくさん販売していました

遠方からの納経軸の表装ご依頼もたくさん来ている、とおっしゃっていましたよ

 

高野山 奥の院へは平成が終わるまでには行きたいと思います(*´∀`*)

  

 

↓ ↓ ↓ よければ ポチっとお願いします <(_ _)>


にほんブログ村